女性の医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは

医療脱毛は、最新の機器と技術で患者さまに優しく、確実な結果を得られる治療です。
レーザー脱毛とは、黒い色素(メラニン)に吸収するレーザー光を照射することにより、
表皮や周囲組織にダメージを与えることなく毛根のみを破壊します。
レーザー脱毛は医療行為ですので、医師免許を取得した医師や、その管理下で看護師のみが使用できるので、脱毛エステサロンなどの非医療機関はもちろん使用できません。
エステサロンでレーザー脱毛をうたっているところもありますが、
医療認可の必要な機械は使えませんので、未認可の機械を使用しており
出力も低く効果や安全性とも不確実です。

IPLレーザー機械

脱毛サロン主流のIPLは、医療用レーザー脱毛に比べてレーザーの出力が弱い為、医療用に比べて脱毛効果もかなり低くなってしまいます。その為、医療用レーザーを知るまでの間、脱毛サロンに通われたかたも沢山いらっしゃると思いますが、なんども施術するために足を運ばれたこととおもわれます。 IPLの中には違法改造等で強いレーザーを出力出来るものもありますが、エステサロンでは強い出力での治療を行えません。なぜなら、脱毛エステサロンによる火傷などさまざまなトラブルが増え、厚生労働省から脱毛=医療行為という通達が出されているからです。

その理由は万が一、火傷等の肌の重大なトラブルが起こった場合、エステサロンではすぐさま治療もできませんし、抗生物質やステロイド剤等を処方する事が出来ないからです。

医療レーザー脱毛の特徴

短時間で全身の永久的な脱毛が可能

以前までのニードル式脱毛は毛穴1本1本に針を入れて脱毛していく為に、永久的な脱毛にかなりの時間がかかっていましたが、医療レーザー脱毛は直径約1~1.5cmの範囲に1分間に60~120回ショットする事が可能ですので、電気針脱毛と比べ短時間で効果的に脱毛が行えるようになりました。

接触面が冷却されていて痛みが少ない

従来の針を用いたニードル式脱毛法とは違い、痛みの伴わない医療脱毛です。
施術が複数回に及ぶ脱毛だからこそ、体への負担はなるべく少なくしていきます。
そのため、輪ゴムではじかれたようなごくわずかな痛みで脱毛治療が可能です。

全身どの部位でも永久脱毛が可能

ご自分では処理の難しい背中やお腹脱毛、手足はもちろん、お顔のうぶ毛などデリケートな場所でも脱毛できます。医療レーザー脱毛は皮膚へのダメージが少ないので、全身どの部位でも照射可能です。脇やビキニライン、皮膚に負担が少ないためアトピーの方や皮膚の弱い方でも安心して永久脱毛することができます。

お肌やワキガにも効果あり

医療レーザー脱毛を行うことで毛根を破壊し、毛がなくなるために毛穴がふさがり、毛穴が目立たなくなり肌のキメがさらに細かくなるためお肌がスベスベできれいになります。また、肌のくすみやざらつきを改善し美肌効果もあります。さらに、レーザー光はワキガの元となるアポクリン腺にも同じく作用し、軽度〜中程度のワキガに効果があるといわれています。ワキガでお悩みの方もこの機会に是非一度お試しください。

医療レーザー脱毛の料金表

 

女性脱毛料金表

工事中