IPL治療

IPL治療(フォトフェイシャル)とは

IPL治療(フォトフェイシャル)とは、IPL:Intense Pulsed Light というレーザー光よりも波長の広い優しい光を利用することで、肌本来の美しさを取り戻す、美容医学界でも最先端の美容治療です。フラッシュ程度の光で、肌トラブルの原因となっているメラニンや毛細血管などだけに直接働くのでお肌にダメージを与えない安心できる美容治療です。
従来のレーザー治療では、メラニン等の黒い色素と、毛細血管等の赤い色素に反応する光波長域を別々に利用していましたが、IPLは一台でどちらの波長にも働きかけることが可能で出力も安定している点で非常に優れています。また、効果の中で最も望まれるものを発揮できるよう光の特性を変えられるので、一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療ができるのが魅力です。
IPL治療の一番のメリットは、ダウンタイム*がほとんどないことです。翌日からいつもと同じようにお化粧ができるので、治療を受けたことが周りの人にわかりません。
(フォトフェイシャルはIPL治療と同義語です。)
*ダウンタイム:通常の生活に戻るまでに必要とする時間

IPL治療・フォトフェイシャルの効果

衰えた皮膚を少しでも若々しく元気のよい状態に近づけるため、IPL治療(フォトフェイシャル)は肌の深い部分のコラーゲンに働きかけ、たるみやくすみ、深いしわを改善していきます。
IPL治療(フォトフェイシャル)で照射される光は、同時に肌トラブルの原因となるメラニンや毛細血管などに直接働き、しみ・そばかす・毛穴の開き・赤ら顔・毛細血管の拡張など、加齢に伴うお肌のトラブルを解消します。
光が照射された患部では、しみやそばかすと言ったメラニン色素が一時的に黒ずみ、場合によってはかさぶたが出来ることがあります。それは1-2週間で自然に剥がれ落ちてきます。

シミやソバカス、細かいシミ、薄い色素沈着、肝斑などに効果的

日光によりできたしみや、そばかすなどのメラニンを解消し美白効果があります。また、日焼あとの黒色色素肌トラブルの解消にも効果的(しみ、シワ、くすみ、そばかす)。十分にトラネキサム酸とビタミンCを投与した後の肝斑にも、調整した波長で治療することでかなりの治療効果が期待できます。

肌のキメを整え、ニキビ予防・ニキビ跡・毛穴の改善に効果

真皮のコラーゲンの生成を促進するので、肌の深部から美白効果があります。
また、失われたコラーゲンを増やすことで肌自体のはりを保ち、肌理が細かくなることで美容効果の向上も期待できます。
深いニキビの痕も、治りにくい開いた毛穴や黒ずみも、きれいになります。

IPL治療(フォトフェイシャル)の注意点

IPL治療(フォトフェイシャル)は非常に完全な治療法なのですが、治療の前後にはいくつか注意点があります。

まず、施術前日には丁寧に治療部位の剃毛をしてください。
治療前には、十分に化粧を落としておきましょう。特にウォータープルーフの日焼け止めは、当日は使用しない方が無難です。落としやすい日焼けどめを使用して下さい。SPFの高い日焼け止めには、金属片や反射剤が含まれており、治療の合併症を起こすことがあるためです。
治療後は化粧することも可能ですが、日焼けは厳重に避けましょう。
施術当日の入浴とサウナは避けること。

IPL治療(フォトフェイシャル)によって出来たかさぶたなどは自然に剥がれるまで待つこと。
塗り薬は、担当医師の指定したものだけをご使用ください。
照射後2か月間は日焼けをしないこと。
お肌の手入れや保湿を充分に行う事が大切です。

他にもいくつか大切なことがあります。治療を効果的にするために、美しい肌を取り戻すために、がんばりましょう。